42条2項道路Q&A

42条2項道路・みなし道路の幅員規定、公道・私道の定義、セットバック、位置指定道路について初心者向きに解説。

◆42条2項道路・みなし道路の解説

◆左官工事で使用する左官材料にはどのような種類の材料がありますか?

◆42条2項道路とは?

 道路の定義の基本は、
●道路の幅員が4M以上
●特定区域内においては道路の幅員が6M以上
 という定義が設けられております。
⇒道路の定義の解説はこちら

 42条2項道路とは、このような道路の基本定義である道路幅員を満たしていない道路であっても「建築基準法」によって道路の定義が規定される以前に既に建築物が建てられている道路の中で「特定行政庁」が道路と指定した道路のことを指します。

◆幅員が4M未満の道路が多いのはなぜ?

◆幅員が4M未満の道路が多いのはなぜ?

 地方の昔ながらの住宅地では、道路の幅員がかなり狭い道路も多く見られます。

 明らかに自動車がすれ違うことが出来ないような道や、すれ違うどころか車の進入さえも困難な道もあります。

 これは何も田舎に限る話でもありません。

 もちろん都心部でも細い路地に住宅が所狭しと立ち並んでいる住宅街や、商業地域を多く見かけます。

  東京都には江戸時代からの町並みを維持している浅草やお寺街。山手線界隈ではこのような風景が多く見られます。

 情緒ある風景、下町とは大抵このような密集した地域に存在しているようにも思えます。

 道路復員の測定方法の項目でも解説しているように道路幅員の測量条件をどう見ても満たしていない4M未満の道路であるのに、このように住宅が密接して建築されているケースはまだまだ多く存在しているのですね。

 尚、現在ではこのような建築計画は通ることはありませんが、これは法が制定される以前に建築された地域の名残なのですね。

 「では、このような道路に面する物件は、今後建築ができないのだろうか?」

 と思われる方もいるかもしれません。

 建築基準法では、このように幅員条件が満たされていない道路であっても、「特定行政庁」に道路の指定を受けた場合、建築が可能となります。

 この道路の指定は「位置指定」と呼び、位置指定を受けた道路は「位置指定道路」と呼ばれます。

★道路の幅員規定を満たしていいない場合でも特定行政庁の指定を受けると建築が可能なケースもある

◆2項道路と呼ばれる所以とは?

◆2項道路と呼ばれる所以とは?

 2項道路と呼ばれる所以は、建築基準法の42条2項に道路条件が規定されている為です。

 道路条件が建築基準法に既定されている道路は2項道路の他にも
●43条1項
●42条1項5号
 などがあります。

条項と名称の関連
条項内要
42条2項幅員規定・セットバック規定
43条1項接道義務
42条1項5号位置指定道路基準

※重要事項説明書などに比較的多く出てくる道路名称です。

 43条1項では、敷地が道路に接する幅員の規定である「接道義務」が規定されております。

 敷地に接する幅員とは一般的には「間口」と呼ばれる部分のことですね。

 尚、建築基準法に定められている接道義務は原則「2M以上」となっております。

 42条1項5号では、位置指定道路に関する基準が規定されております。

 建築業者やパワービルダー系の不動産業者などが、社宅などで使用されていた大きな土地を仕入れ、分割して販売する際などに袋小路上の道路を設けるケースがあります。

 このような行き止まりの道路などは位置指定道路の規定によって建築条件が設定されております。

 いずれも消防法や安全面を考慮した法律です。