42条2項道路Q&A

42条2項道路・みなし道路の幅員規定、公道・私道の定義、セットバック、位置指定道路について初心者向きに解説。

◆42条2項道路Q&A(サイトマップ)

42条2項道路とは?
 道路の定義の基本は、道路の幅員が4M以上、特定区域内においては道路の幅員が6M以上…⇒続きを見る

幅員が4M未満の道路が多いのはなぜ?
 地方の昔ながらの住宅地では、道路の幅員がかなり狭い道路も多く見られます。もちろん都心部でも細い路地に住宅が所狭しと立ち並んでいる住宅街…⇒続きを見る

2項道路と呼ばれる所以とは?
 2項道路と呼ばれる所以は、建築基準法の42条2項に道路条件が規定されている為です。道路条件が建築基準法に既定されている道路は2項道路の他にも43条1項、42条1項5号…⇒続きを見る

みなし道路とは?
 2項道路に関する資料を見ていると、2項道路、みなし道路…⇒続きを見る

将来的に条件が満たされることを前提とした認定
 区役所の建築科などに2項道路について相談に行くと「みなし道路ですね」という言葉を聞くこともあるかもしれません。2項道路は、建築基準法によって道路…⇒続きを見る

幅員が凸凹になっている地域
 2項道路として認定を受けている道路に接する土地で、土地の売買や建て替えが起きるとセットバックが行われます。このセットバックとは…⇒続きを見る

道路の種類とは?
 不動産用語の中でも道路には、数多くの道路という名称のついた用語が登場します。公道、私道…⇒続きを見る

幅員の基準(豆知識)
 道路には様々な名称のついた道路があり、各々基準となる条件が定められております。2項道路の規定は幅員が原則4Mを有することです。認定された道路は将来的に…⇒続きを見る

幅員の測定方法・測り方
 以下に道路幅員を測定する際の判断基準・測定部位をまとめましたのでご確認ください。…⇒続きを見る

道路の定義とは?
 建築基準法では、道路に関する定義を建築基準法第42条1項にて以下のように定義を定めて…⇒続きを見る

高速道路はどうなる?(豆知識)
 建築基準法で定められる道路の定義を見る限り、高速道路ももちろん道路として認められているように思えます。しかし高速道路は、実は「建築基準法上の道路」としては認定…⇒続きを見る

大規模な開発現場の建築計画
 建築基準法で定義される道路は、文字通り法的な建築物を建築することが可能な敷地に接するものであることが前提です。高速道路の事例からもわかるように、高速道路では道路に面して建築物が建築…⇒続きを見る

敷地面積(土地)の算出方法
 42条2項道路として特定行政庁から道路の認定を受けた場合。この場合、基本的に敷地面積の計算は、セットバック後の面積…⇒続きを見る

両側に住宅が立ち並ぶ住宅地
 道路の両側に住宅が立ち並ぶ住宅地のような場合。
 このような住宅地では、前面道路の道路中心線から両側へ2M…⇒続きを見る

片側が川や崖地・線路の場合
 道路の片側が川や崖地などで、一方のセットバックが事実上不意可能な場合。例えば敷地の迎え側にあたる道路の反対側の敷地…⇒続きを見る

通行権とは?
 まず、通行権について知っておきましょう。通行権とは、簡潔にまとめると、日常生活において必要不可欠な道路…⇒続きを見る

私道のみに接する物件を購入する際のポイント
 私道のみに接する物件を購入する際のポイントは、まず前面道路の所有権保持者を必ず確認…⇒続きを見る

協定書がない場合
 敷地の前面道路の所有者が個人であり、私道部分に関する協定書などが存在しない場合。このような場合は、敷地の状態にもよりますが購入は見送った方が無難です。どうしても検討したい土地である場合…⇒続きを見る