42条2項道路Q&A

42条2項道路・みなし道路の幅員規定、公道・私道の定義、セットバック、位置指定道路について初心者向きに解説。

◆42条2項道路・みなし道路の解説

◆前面道路が4M未満の道路に面している42条2項道路の土地の計算はどのように行われるのですか?敷地面積の算出方法を教えて下さい

◆敷地面積(土地)の算出方法

 42条2項道路として特定行政庁から道路の認定を受けた場合。

 この場合、基本的に敷地面積の計算は、セットバック後の面積が適用となります。

 セットバックが条件となている道路ですから、セットバック後は当然敷地面積が少なからず減少することになります。

 但し、道路として認定されている部分の土地部分に課税される「固定資産税」は発生しません。

※セットバック部分の固定資産税は行政が負担

 また余談ですが、土地が縮小することによる担保力・資産価値の減少に不安を覚える方もいるかもしれません。

 しかし現実的には、2項道路認定に面する土地となる「担保価値の増大」の方が圧倒的に大きくなる点は見逃せないポイントです。

【セットバック後は資産価値がほぼ高まる】
 更に前面道路の幅員が広くなることで土地の価値も大半のケースで上昇します。

◆両側に住宅が立ち並ぶ住宅地

◆住宅地の敷地面積

 道路の両側に住宅が立ち並ぶ住宅地のような場合。

 このような住宅地では、前面道路の道路中心線から両側へ2Mずつセットバックしたラインが道路境界線として認定されます。

 この道路境界線にあたる部分までが、道路として認定されている部分です。

 ですから、道路境界線にあたる部分までの土地は、敷地面積に算入できません。

 敷地面積の算出に関しては、セットバック後の敷地面積が適用となります。

◆片側が川や崖地・線路の場合

◆片側が川や崖地・線路の場合

 道路の片側が川や崖地などで、一方のセットバックが事実上不意可能な場合。

 例えば敷地の迎え側にあたる道路の反対側の敷地が、
●河川
●崖地
●線路の敷地
 などのケースでは、道路の反対側の敷地の道路境界線から4M広げたラインが、自分の敷地の道路境界線として認定されます。

 道路の両側に住宅が立ち並ぶ住宅地と同様に、この道路境界線にあたる部分までが道路として認定されている部分です。

 ですから、道路境界線にあたる部分までの土地は、敷地面積に算入できません。