42条2項道路Q&A

42条2項道路・みなし道路の幅員規定、公道・私道の定義、セットバック、位置指定道路について初心者向きに解説。

◆セットバック部分の買取補償・費用負担の解説

◆買取補償・費用負担

◆市に後退部分を買い取ってもらう事はできる?

 間口がとても広い土地を所有している場合や、前面道路が極端に狭い土地を所有している場合。

 セットバックによって失う土地はかなりの大きさになるようなケースも出てきます。

 土地の大小に限る話ではありませんが、いずれ建築ができなくなる生きていない土地を保有するぐらいなら、今のうちに手放そうと考える所有者も多いでしょう。

 そして、提供する分の土地の手当てや市の買取を期待することも当然考えられます。

 では、セットバックによって後退する部分の土地を都道府県や市町村に買い取ってもらうことは可能なのでしょうか?

 結論から見ていくと市町村によってはセットバック部分の買取を行っている市町村もあります。

 決して多くはありませんが、平均的に相場よりもかなり低価格ではあるものの実際に買取が実施されている市町村がある事も事実です。

※Point!セットバック部分の土地の買取りを行っている市町村も一部ある

◆測量・分筆・整地まで費用負担してくれるケースも

◆測量・分筆・整地まで費用負担してくれるケースも

 もしセットバックが必要な土地を所有している場合は一度管轄エリアの市役所や役場にセットバック部分の土地を買取ってもらうことが可能かどうかについて確認をとってみると良いでしょう。

 尚、セットバック距離を算定する測量や分筆登記の費用を市町村側で負担してくれる自治体は多くあります。

 この際、側溝の設置やL字溝の工事、砂利入れや道路の舗装まで一気に行いその工事費用も全て全額市が負担している所もあるようです。

 市役所側としては、計画している街づくりの進展にもつながるので、積極的に街づくりを推進している地域などではこのようにとても精力的に補助をしてくれる事も多いのです。

※Point!精力的に補助をしてくれる事も

◆セットバック部分の管理は市側も避けたい?

◆セットバック部分の管理は市側も避けたい?

 前項のようにセットバック部分の工事費用の負担までしてもらえる自治体が全てではありません。

 逆に工事費用はおろか、土地の寄付さえも受け付けてもらえない自治体も残念ながらあります。

 土地の買い取りも不可能であれば、個人的に使いようのない土地を保有するよりも寄付をしてしまった方が楽な場合もあるでしょう。

 しかし複雑な権利関係にある私道の管理は極力避けたいという思いは役所側にとっても同じです。

 好んで敷地の権利を保有する必要もないのですね。

※Point!土地の寄付を受け付けてもらえないケースも

◆買取や補償問題は各都道府県で異なる

◆買取や補償問題は各都道府県で異なる

 セットバックが必要となる土地を所有している場合は、現在自分が所有している管轄エリアの市役所に問い合わせ、セットバック部分の買い取りや補償があるかどうかについて確認しておくことをお勧めします。

 買取りや補償は各都道府県によって異なり、市区町村でも異なるケースがあるのが現状です。

 街づくり計画を推進したいエリアであれば積極的に動くでしょうし、逆に特に急ぎの計画がない場合は全て自己負担となるかもしれません。

 金銭補償を受けられるかどうか?は大切な問題でもあるので定期的に県や市のホームページなどをチェックしておきましょう。

※Point!市区町村だけじゃなく時期によっても変化する

〜ポイントのまとめ〜
★セットバック部分の土地の買取りを行っている市町村も一部ある
★精力的に補助をしてくれる事も
★土地の寄付を受け付けてもらえないケースも
★市区町村だけじゃなく時期によっても変化する