42条2項道路Q&A

42条2項道路・みなし道路の幅員規定、公道・私道の定義、セットバック、位置指定道路について初心者向きに解説。

◆河川・水路・岩壁・崖地・線路に面する土地のセットバック規定の解説

◆河川・水路・岩壁・崖地・線路

◆もし迎えの土地がセットバック不可能な場合

 セットバックが必要となる道路の両側が住宅地であった場合。

 この場合は、道路の中心線から双方の土地がセットバックすることが決められておりました。

 仮に先に片側の土地が売買された際、向えの道路境界線から4Mを確保するような決め事であれば、誰もが土地の売買を検討しづらくなってしまいます。

対面が崖・河川で敷地のセットバックが出来ないケース

 先に動いた方が土地を損してしまうようなことであってはまさしくなかなか動かない動産物件と言われる不動産そのものになってしまいます。

 しかし自分の敷地の向かえ側にあたる道路の反対側の敷地が、もし住宅などの建築物ではなく、河川などであった場合。

 この場合は反対側がセットバックしようにもできない状態ですから事情が異なります。

 では道路を挟んだ反対側の敷地がセットバックが不可能であるような土地の場合はどうなるのでしょうか?

◆道路の反対側の敷地の道路境界線が基準ラインとなる

◆道路の反対側の敷地の道路境界線が基準ラインとなる

 セットバックが義務付けられている道路に接する土地で反対側が河川や崖地などのケース。

 この場合のセットバック規定は基本的にセットバックが可能となる一方側のみが土地のセットバック負担を負う事になります。

道路の反対側がセットバック不可の場合の計算事例

 河川の位置や崖地側を後退させることが現実に困難ですからね。

 セットバック距離の算出は、純粋に道路の反対側の敷地の道路境界線から「4M」広げたラインが、自分の敷地のセットバックライン、及び道路境界線となります。

 もし図のように前面道路の道路幅員が3.6Mの2項道路の場合は、道路を挟んで反対側の道路境界線を基点として計算することになる為、セットバック後退距離は40センチと計算できますね。

※Point!4Mの基準は変わらない

◆河川・岩壁・崖地・線路などのケース

◆河川・岩壁・崖地・線路などのケース

 2項道路に該当する敷地の反対側の敷地がセットバックできない場合は、対面にあたる道路境界線が基準点となることがわかりました。

 当たり前と言えば当たり前ではありますが、私道物件で迎え側に水路が通っているケースなど該当する物件は意外と多いものです。

 尚、一方側(自分側)にセットバック負担がかかるケースとしては、迎えの土地が以下のようなケースが該当します。

〜一方側にセットバック負担がかかるケース〜
★河川
★崖地
★線路の敷地
★岩壁

◆所有権はどうなる?(コラム)

◆所有権はどうなる?

 無事?セットバックを完了し、土地の面積は減少しましたが前面道路の幅員は広くなりました。

 しかし、ここでひとつ疑問が浮かびます。

 セットバックした部分、いわゆる道路となってしまった部分の所有権は一体誰のものになるのでしょうか?

 答えは、ケースにもよりますが、原則としてセットバックの対象となった敷地の所有者がそのまま道路部分の所有者となります。

※Point!セットバック部分の所有権は提供者が保有する

 もちろん道路となった部分に建築物はもちろん塀などの設置も原則として認められない為、建築のできない所有権を保持することになります。

 地域によっては市が道路部分の買取りを行っている市町村もありますが、現実的にはごくわずかの地域の話です。

〜ポイントのまとめ〜
★4Mの基準は変わらない
★セットバック部分の所有権は提供者が保有する