42条2項道路Q&A

42条2項道路・みなし道路の幅員規定、公道・私道の定義、セットバック、位置指定道路について初心者向きに解説。

◆セットバックの解説

◆セットバック・敷地の後退の解説

 42条2項道路や敷地の条件におけるセットバックに関する問題は「建築基準法」を確認することで把握することが可能です。

 しかし、セットバックの規定では2項道路の規定だけでなく「前面道路の斜線制限」「敷地の後退距離のルール」など複数の法規が絡んでくる為、少し難解に感じる部分もあるかもしれません。

 当カテゴリでは
●2項道路のセットバック条件
●セットバックによる道路斜線制限の緩和措置
●セットバック部分への設置基準
●建築の規定やトラブルの可能性
 など、土地・道路のセットバックに関する情報を解説しております。

 これからマイホームを購入しようかな?と検討している物件があり、もし対象となる不動産物件に「要セットバック」と記載されていたとしたら?

 お家は人生で一番大きなお買い物と言われております。

 ここではセットバックに関する法規について確認しておきましょう。

◆セットバックとは?

☆建築基準法や不動産広告に記載されているセットバックの意味とは?
☆道路条件による敷地面積の後退について
☆道路斜線制限による建築物の外壁の後退について
☆建築基準法「130条令」セットバック要綱
☆2項道路の意味・定義
☆2項道路は自動車がとても高級品であった時代の名残?
☆日本古来の細い路地沿いに立ち並ぶ下町の景色は消えていく?
☆道路の幅員が4Mに満たない道路

⇒セットバックとは?

◆私道・道路幅員の拡張

☆道路の幅員規定は地域で異なるケースも
☆後退距離の算出・計算式の事例その1
☆後退距離の算出・計算式の事例その2
☆実質敷地有効面積が10%以上が変わる場合

⇒私道・道路幅員の拡張

◆河川・水路・岩壁・崖地・線路

☆もし迎えの土地がセットバック不可能な場合
☆道路の反対側の敷地の道路境界線が基準ラインとなる
☆河川・岩壁・崖地・線路などのケース
☆所有権はどうなる?

⇒河川・水路・岩壁・崖地・線路のケース

◆道路斜線の後退距離

☆主な斜線制限の種類と内容(道路斜線・北側斜線・隣地斜線)
☆道路斜線制限は主に住宅地が1.25・商業・工業地は1.5と覚えておく
☆セットバックした距離分基準点も後退する
☆道路境界線から最も短い垂直の距離
☆屋根の軒の大きなせり出しは不利?
☆デザインだけじゃない住宅設計

⇒道路斜線の後退距離

◆車庫・玄関ポーチ・塀の設置

☆セットバックした部分に車庫を設置することは可能?
☆外壁後退部分への車庫などの設置規定
☆敷地のセットバック部分の建築物の設置について
☆玄関ポーチを外壁後退部分に設置することは可能?
☆外壁後退部分へのポーチの設置規定
☆セットバック部分の道路沿い隣地境界線沿いに塀を設置することは可能?
☆複数の協定書が存在する物件を購入する場合
☆セットバックに応じない隣人がいるケース

⇒車庫・玄関ポーチ・塀の設置

◆固定資産税・納税義務について

☆セットバック部分の土地にかかる固定資産税の納税義務者は?
☆セットバック部分の土地の寄付について
☆固定資産税の納税義務の免除申請
☆資産価値・路線価の向上の可能性

⇒固定資産税・納税義務について

◆セットバック部分の土地の買取補償・費用負担について

☆市に後退部分を買い取ってもらう事はできる?
☆測量・分筆・整地まで費用負担してくれるケースも
☆セットバック部分の管理は市側も避けたい?
☆買取や補償問題は各都道府県で異なる

⇒買取補償・費用負担

◆角地の隅切りの規定について

☆土地の角地部分の隅切りが必要となるケースとは?
☆120度を超える角地は例外となる
☆隅切りが必要となる条件・定義
☆建蔽率の緩和措置と工事費用の負担について

⇒角地の隅切りの規定