42条2項道路Q&A

42条2項道路・みなし道路の幅員規定、公道・私道の定義、セットバック、位置指定道路について初心者向きに解説。

◆42条2項道路・みなし道路の解説

◆みなし道路とは何ですか?みなし道路の意味を教えて下さい

◆みなし道路とは?

 2項道路に関する資料を見ていると、
●2項道路
●みなし道路
 という2つの表現がよく見られます。

 これは不動産関係者、建築関係者間では2項道路を「みなし道路」と呼んでいるためです。

 ですから、「みなし道路」「2項道路」も全く同様のものを指しているということになります。

 できるならば統一して欲しいものです。

 不動産や建築関連の用語にはこのように同意義の言葉が多く存在します。

 いわゆる業界用語や専門用語、職人用語といったものがたくさんあるのです。

 では、次に「みなし道路」と呼ばれるようになった所以について見てみましょう。

◆将来的に条件が満たされることを前提とした認定

◆将来的に道路とみなす意味

 区役所の建築科などに2項道路について相談に行くと「みなし道路ですね」という言葉を聞くこともあるかもしれません。

 2項道路は、建築基準法によって道路として認定されたものです。

 しかし、これは将来的に条件が満たされることを前提とした認定です。

「建築基準法上の道路条件を将来的に満たす道路として認定されているが現在はまだ条件を満たしていない」

 2項道路は、このような条件を踏まえていることから、将来的に道路とみなすという意味で「みなし道路」となっております。

 建て替えが多く発生している地域などの道路を見かけることがあればわかりやすいかもしれません。

※将来的に道路とみなすという意味から⇒みなし道路となった

◆幅員が凸凹になっている地域

◆幅員が凸凹になっている地域

 2項道路として認定を受けている道路に接する土地で、土地の売買や建て替えが起きると「セットバック」が行われます。

 このセットバックとは、道路の中心点から直線で原則2M後退したラインに土地の境界を設けることです。

※セットバック=「道路の中心」から2M下がったラインが境界線

 セットバックが行われた土地は必然的に土地の敷地面積が減少することになります。

 2項道路では、売買時だけでなく、建て替えの際にも必ず敷地のセットバック義務が生じます。

 セットバックをしなければ建築確認そのものが認められない為です。

 道路の幅員が凸凹になっている地域を見かけることがありますが、これはセットバックによって敷地の後退がなされた証拠なのですね。