42条2項道路Q&A

42条2項道路・みなし道路の幅員規定、公道・私道の定義、セットバック、位置指定道路について初心者向きに解説。

◆42条2項道路・みなし道路の解説

◆建築基準法で認められる道路とはどのようなものを指しますか?

◆道路の種類とは?

 不動産用語の中でも道路には、数多くの道路という名称のついた用語が登場します。

 ここでざっと思いつく道路を掲げて見ましょう。

●公道(こうどう)
●私道(しどう)
●計画道路(けいかくどうろ)
●既存道路(きぞんどうろ)
●位置指定道路(いちしていどうろ)
●2項道路
●みなし道路

 こうしてみると実に多くの道路が存在します。

 建築関係者の方であれば他にも思いつく道路は多数あるでしょう。

 建築基準法では、これらの道路に関する定義を「建築基準法第42条」にて明確に定めております。

◆幅員の基準(豆知識)

◆幅員の測定基準について

 道路には様々な名称のついた道路があり、各々基準となる条件が定められております。

 2項道路の規定は幅員が原則4Mを有することです。

 認定された道路は将来的に、4Mの幅員が確保されるように建築が進められることになります。

「では、この4M基準の測定基準はどのようになっているのでしょうか?」

 実は、建築基準法では歩道や側溝に関しても、道路の幅員に含まれるという基準が設けられております。

歩道や側溝も道路の幅員として測定しなければいけない

 ですからもし、現場で道路の幅員を簡易的に測定しなければいけないケースでは、道路の側溝や歩道も含めて幅員を測定しなければいけません。

◆幅員の測定方法・測り方

◆道路幅員の測定方法について

 建築・不動産関係者が実際に現場で測定を行う場合は、前面道路の測定や道路に接する間口の測定も行うことが多いため、やや長めの測量メジャーがあると便利です。

 建築専用の測量メジャーは旗竿地などの敷地の奥行きまで測定できるよう「30M」・「40M」・「50M」タイプなど長い巻尺がありますが測量後巻き取るのが大変な為、早巻きタイプの巻尺をひとつ持っておくと物件の現地調査時や前面道路の幅員の測定、そして間口の幅などの測定にも重宝します。

 尚、道路の幅員の測り方は歩道や側溝、法敷などの種類によって測定方法が異なります。

 以下に道路幅員を測定する際の判断基準・測定部位をまとめましたのでご確認ください。

幅員の測定方法・測り方
種類基準測定方法
歩道含まれる歩道の外端
側溝含まれる側溝の外端
L字型溝含まれるL字溝の突起部分の外端
法敷(のりじき)含まれない-

※42条2項道路は原則4Mの幅員を有する道路であること