42条2項道路Q&A

42条2項道路・みなし道路の幅員規定、公道・私道の定義、セットバック、位置指定道路について初心者向きに解説。

◆位置指定道路の廃止・変更の解説

◆位置指定道路の廃止・変更

◆違反是正命令

 例えば、袋路状道路の奥地にある建築物の場合は位置指定道路が廃止・変更されると、道路法の「接道義務」が果たせなくなる可能性があるのは事実です。

 しかし、これでは不動産としての価値はもちろん、日常生活においても大きな支障をきたすことは明らかです。

 その為、特定行政庁は私道の廃止や変更を禁止、もしくは制限をする権利である「違反是正命令」と呼ばれる権限をもっております。

 この違反是正命令があることから、位置指定道路の不動産物件もしっかり担保価値が守られているのですね。

◆特定行政庁とは?

◆特定行政庁とは?

  位置指定道路や私道の認定などを行う特定行政庁とは
●都道府県知事
●市区村長(建築主事を置く市町村)
 のことです。

 特定行政庁という名前から、庁舎や行政機関をイメージするかもしれませんが、特定行政庁は、これらの認定や命令を行うことができる権限者のことを言います。

 余談ですが特定行政庁が行う事務には以下のような事務作業があります。

【特定行政庁が行う事務】
●違反建築物への是正措置
●定期報告の受理
●建築協定の認可
●道路、用途地域、建蔽率、容積率、高さ制限など建築に関わる許可
●道路内の建築制限、貞操住居専用地域の高さの制限、地区計画内の特例、一定の複数建築物に対する制限の緩和などの認定作業

◆42条1項五号道路とは?

◆42条1項五号道路とは?

 42条1項5号道路とは、まさしく位置指定道路のことを指します。

 ですから、「42条1項5号道路」「位置指定道路」は全く同様の道路となります。

 建築および不動産業界では位置指定道路のことを建築基準法の法令表記として「42条1項5号道路」と呼ぶ慣習があります。

 不動産の広告や資料などには
●42条1項5号位置指定道路
 などと表記されているケースも多く見られます。

 この他にも、建築基準法では以下のような道路が存在します。

【建築基準法で規定されている道路】
●42条1項一号道路=国道、都道府県道、市町村道
●42条1項二号道路=都市計画法、土地区画整理法などの法律による道路
●42条1項三号道路=既存道路
●42条1項四号道路=計画道路(2年以内に執行予定のもの)

 こうなると、少しややこしい感じがしますね。