42条2項道路Q&A

42条2項道路・みなし道路の幅員規定、公道・私道の定義、セットバック、位置指定道路について初心者向きに解説。

◆位置指定道路の幅員と接続条件の規定の解説

◆幅員と接続条件の規定

◆建築基準法令144条の4

 位置指定道路では、建築基準法第144条にて、以下の幅員と接続条件の規定が制定されております。

 まず建築基準法上の規定を確認してみましょう。

【建築基準法令144条の4〜位置指定道路を築造する場合の技術的基準概要〜】
@原則として、両端がほかの道路に接続していなければならない。
 袋路状道路は原則として認められない。
※袋路状道路=行き止まり道路
A道路幅員は4M以上を確保していなければいけない。

 位置指定道路の幅員と接続条件の規定では、このように「4M未満の道路の築造」および、「袋路状道路の築造」は原則禁止となっております。

 しかし、実際の建築現場や開発現場では、袋路状道路となっている現場が多くあるのも事実です。

 この原因は、仮に袋路状道路であっても、一定用件を満たしている位置指定道路である場合は認定をうけることができる規定が別途制定されているためです。

◆袋路状道路でも位置指定道路の認定が受けられるケース

◆袋路状道路でも位置指定道路の認定が受けられるケース

 袋路状道路でも位置指定道路の認定が受けられるケースは、以下のケースが該当します。

@築造する位置指定道路が既存道路との接道部分から35M以下の長さであること。(道路幅員が4M以上6M未満のケース)
A袋路状道路の終端に「公園」「広場」「自転車回転広場」などが設けられている場合。(道路幅員が4M以上6M未満のケース)
B自転車回転広場が35M以内ごとに設置されている場合。(道路幅員が4M以上6M未満のケース)
C築造する位置指定道路の道路幅員が6M以上の場合。(道路幅員が6Mを超える場合は距離の制限もなく認定されます)

 以上のケースでは袋路状道路でも位置指定道路の認定を受けることができます。

 また、特定行政庁が周囲の環境などを考慮し、
●通行・交差条件
●避難条件
 などに対し、安全上支障をきたさないと判断した場合は、特例により上記条件以外であっても位置指定道路の認定が受けられるケースもあります。

◆自転車回転広場の規定

◆自転車回転広場の規定

 位置指定道路上に築造される自転車回転広場は、以下の条件を満たしている必要があります。

●4輪小型自動車が2台停車できる大きさであること。
●自転車が回転できる形状であること。(円状など)

 上記2点の条件を満たしていると判断された自転車回転広場に関しては、袋路状道路の位置指定道路の築造条件に当てはまる場合、位置指定道路の認定をうけることができるようになります。

 尚、この自転車回転広場の規定における「4輪小型自動車」とは、長さが4.7M以下、幅が1.7M以下、高さが2M以下の自動車を判定基準として使用します。

◆位置指定道路の隅切りの規定

◆位置指定道路の隅切りの規定

 位置指定道路を築造する場合、既存道路と接する面に関しては「敷地のすみ切り」を行うことが条件として制定されております。

 すみ切りとは、接道部分の道路を外側に広く広げることにより、
●通行条件
●避難条件
 を満たすことが目的にあります。

 尚、位置指定道路の隅切りでは以下の条件が制定されております。

【位置指定道路の隅切り規定】
※角地の遇角をはさむ2辺を各々2Mとして「二等辺三角形」のすみ切りを設けなければならない