42条2項道路Q&A

42条2項道路・みなし道路の幅員規定、公道・私道の定義、セットバック、位置指定道路について初心者向きに解説。

◆位置指定道路の道路築造の認定の解説

◆道路築造の認定について

◆位置指定道路の認定

 位置指定道路の私道を築造する場合は「特定行政庁」から、築造予定の私道に対し位置の指定を受けなければいけません。

 余談ですが、この位置指定を受けることから位置指定道路と名づけられております。

 特定行政庁から位置指定を受けるためには
●土地の所有者の私道築造に関する承諾書
●土地の実測図
 などの書類を各都道府県知事あてに提出しなければいけません。

◆私道の技術的基準をクリアする

◆私道の技術的基準をクリアする

 位置指定道路の認定を受けた場合は決められた場所に位置指定道路の築造を行うことが許可されます。

 尚、築造する私道に関しては、「私道の技術的基準」に適合する私道を築造することが前提となります。

 位置指定道路の認定は、このように段階的な手続きを踏んで最終的に道路と認定されている点がポイントです。

◆位置指定道路の構造・条件(排水設備・側溝・勾配)

◆位置指定道路の構造・条件

 位置指定道路は私道ではありますが「特定行政庁」から正式に認定をうけた建築基準法上の道路です。

 排水に必要となる「側溝」「街渠(がいきょ)」などの排水施設は当然設置しなければいけません。

 また、私道といえども、位置指定道路では砂利などの道路は認められません。

 尚、縦断勾配は「12%以下」とし、かつ階段状としてはならないという技術基準も設けられております。

 位置指定道路はこのように構造面においても一定の技術的基準を満たしている必要があるのです。