42条2項道路Q&A

42条2項道路・みなし道路の幅員規定、公道・私道の定義、セットバック、位置指定道路について初心者向きに解説。

◆わかりやすい♪建築基準法のお勉強サイト

 42条2項道路.COMでは、
●建築基準法の規定
●42条2項道路の幅員規定
●公道・私道など各種定義
●幅員の測定方法・測り方
●私道の通行権・協定書
 など、2項道路に関する情報を専門に「初心者の方にもわかりやすい解説を!」というコンセプトをモットーにQ&A方式でイラストや表を用いながら解説しております。

◆入門者向けコンテンツ

 まずは基本的な2つの定義から確認してみるとわかりやすいですよ。

◆42条2項道路とは?
 42条2項道路の基本的な定義の解説です。

◆道路の定義について
 建築基準法表記における道路の定義の解説です。

◆セットバックとは?
 土地・道路のセットバックの基本的な定義の解説です。

◆道路幅員の拡張・セットバック後の敷地面積について
 セットバックが必要となる条件と境界線ラインの計算方法事例を含めた図入りの解説です。


 不動産の物件調査など、法務局などで取得する書類の取得を個人で行う際のポイントや、2項道路に接する敷地でおこりうる通行権や掘削権などのトラブル問題に関する記事も掲載しております。

 建築基準法は、安全性を最大限に考慮し建築規定の改訂が毎年のように何度も改正されております。

 現在の法規では「リフォーム」は認められても「再建築」が認められない物件や、消防法に基づく消防活動に支障をきたすと判断される前面道路の幅員、間口などの確保に関わる敷地の後退(セットバック義務)が生じる敷地が日本にはまだまだ数多く存在しております。

 また大型の従来の敷地を分割する際に新しく道路を築造する開発物件等の位置指定道路には独特の道路規定が設けられております。

 身近な不動産物件であっても、誰もがこのような物件の法律問題にぶつかる可能性があると言えるのですね。

 個人に限らず不動産業界に飛び込んだばかりの方はこれから何度も建築基準法の難しい表現に悩まされる場面が出てくると思います。

 特に2項道路に関する関係法規は頻繁に目にすることとなるので早い段階で把握しておくと安心です。

 不動産用語は難しそうな名称がついているものが多くありますが実際はそれほど難しいものではありません。

 専門用語が多すぎて難しく見えてしまうのが実情です。

 当サイトでは「42条2項道路」の全てが1日で理解できる!

 そんなわかりやすい情報を提供できるように少しずつ記事を書き足してきました。

 前置きが長くなりましたが当サイトが建築基準法42条2項道路(みなし道路)についてお調べの方のご参考となれば幸いです。